住宅ローン@情報館 | 審査・金利・借り換え・減税・控除など

△ トップページへ戻る

住宅ローンに関する情報をご紹介

住宅ローンの審査が通りにくい人とは?

住宅ローンは、審査に「通りやすい人」もいれば、「通りにくい人」もいるんですね。そこで、「審査に通りにくい人」について勉強してみましょう。

お金を貸す銀行からすれば、「返済不安が少ない人」ほど安心できますので、審査に通りやすいと言えます。つまり、その逆に「返済不安が大きい人」ほど、「審査に通りにくい」と言えるんですね。その意味では、「会社員ではない」というのは大きな不安材料になります。芸能人などがその典型例と言えるでしょう。様々な保証が用意されていない「非会社員」であれば、いつ収入がなくなるか分かりません。したがって、銀行は「返済不安が大きい」と判断しますので、ローンを組める金額が少なかったり、あるいは頭金をたくさん入れるなどの処置が必要になってきます。

しかし、会社員でなくても、「個人事業主」であれば事情は変わってきます。個人事業として登録しておくと、「事業収益=事業主のお給料」ではなく、収益の一定量を「会社の資産」として確保しておく必要がありますので、これが銀行からすれば「担保」として判断されるのです。しかし、それでもサラリーマンほど安心してもらえるわけではありませんので、ある程度は審査が厳しくなることを覚悟しておきましょう。

また、個人事業を展開しているのであれば、これまでの「事業歴」や「今後の見通し」などの資料を用意しておく必要があります。返済不安が大きい人でも住宅ローンを組むことは可能ですが、その場合、返済不安が大きい分だけ「金利の高いローン」しか組めないということもあります。したがって、これまでの事業歴や今後の見通しなどを「実績」として銀行に提出することで、少しでも信用を勝ち取ることをオススメします。


<< 住宅ローンの必勝法@人気ランキング >>

1位  【住宅ローン審査速攻承認プログラム】
・元銀行融資担当員が知られざる住宅ローン承認戦略を大公開です!
・銀行に『伝えるべき事、伝えるべきでない事』はお分かりですか?
 それらを知らなければ住宅ローン審査通過を目指すには無謀です!
                                   >> 詳細を見てみる

2位  グレーゾーンに挑戦住宅ローン攻略マニュアル 【最新版】
・「本当に住宅ローンで困っている方」「本気で住宅ローンのことを知りたい方」
 は必見です!住宅ローンの落とし穴にはまるな!
・22年3月からは更に審査が厳しくなる前に対策をしましょう。
                                   >> 詳細を見てみる

3位  住宅ローン審査基準ガイド
・金融機関の審査基準を満たしていないお客様に、住宅ローンの事前審査通過
 代行システムのノウハウを持って、自力で住宅ローンの事前審査通過を目指
 していただくためのガイドブックです!
                                   >> 詳細を見てみる

▲このページの上部へ